So-net無料ブログ作成
検索選択

シャットダウンしたのに電池がなくなるWindows8.1でお困りの方へ [PC]

Windows8やWindows8.1のPCを使っていて一番厄介なのが「シャットダウン」ではないでしょうか。

「シャットダウン」して半日ほどたって電源を入れると電池がほとんどなかったり、電池がなくなっていて起動すらしなかったり。。。と今までのWindowsとは明らかに異なる挙動。電源ONしてから使えるまでにかかる時間が圧倒的に短くなっているのはありがたいけど、モバイルを基準に考えると不便この上ない仕様、何とかならないものなのか。。。。

ってことで、何とかしちゃいましょう。

コントロールパネルから「シャットダウン」の定義を従来の完全な電源OFFにしてしまうことも可能なのですが、高速起動のメリットは享受したいという欲張りな方への「完全なシャットダウン(Windows8.1版)」の手順です。

1.画面右からのチャームを表示
2.「設定」をタップ・クリック
3.「PC設定の変更」をタップ・クリック
4.「保守と管理」をタップ・クリック
5.「回復」をタップ・クリック
6.『PCの起動をカスタマイズする』という項目の「今すぐ再起動する」をタップ・クリック
7.「PCの電源を切る」をタップ・クリック

以上で完全な電源OFFが完了です。
Windows8では4・5番目の項目が違っています。ま、ググってみればいっぱい出てくるのでそっちを参照してね!ってとこでしょうか。

ではでは!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

dynabook Tabを買って貰えるキーボードが届いた [PC]

dynabook Tabのキャンペーンでもらえるキーボードが届いていた。

キーボードは、マイクロソフト製の Wedge Mobile Keyboard 。
キーボード本体裏面には電池ボックスを兼ねたスタンドになっている部分があり、電池を入れる反対側にBluetoothペアリングスイッチがある。
物理的な電源ボタンはない。キーボードカバーを取り付けると電源OFF。外すと電源ONとなっている。
 ...ということで、キーボードカバーはなくしてはいけない!!
 [Fn]+[ESC]の長押しでキーボードの電源ONとOFFができるようにはなっている。

カバーは中央で折れ曲がってスタンドとして使えるようになっている。
折り曲げは単純なヒンジやフラップ的なものではなく、任意の角度で固定することが可能になっている。


キーボードのデザインは表側から見た分には悪くないと思う。
ただ、裏側から見たとき、電池ボックスにもなっているスタンド上の部分が、キーボード全体のシャープな感じや金属感を台無しにしている。
この点は、ホームページを見てもわからない部分なので、できれば実物/モックの展示品を見て残念感を実感してほしい。

キーのストロークやクリック感については、あまりコメントしない。
元々その辺には頓着しない性格なもので、慣れてしまえば気にしないってのが持論。

キーの配置について、一般的なキーについては標準的な大きさを確保しており問題ないと思う。
ただ、上下のカーソルキーがファンクションキーよりも縦が短い/標準キーの半分なため、慣れないとかなり操作しにくい。
あと、NumLockは存在しない。
個人的にはこのサイズのキーボードでNumLockした状態の10キー入力はほとんど使わないのでその辺の良し悪しについては言及しない。


ただしファンクションキーについては声を大にして、文句を言いたいくらい。

一般的にはF1~F12が単独で割り当てられているのだが、このキーボードでは[Fn]キーと同時押しでF1~F12が割り当てられている。
単独では再生/停止、ミュートのON/OFF、ボリュームUP、ボリュームDOWN、右端スワイプで表示されるチャームにある検索、共有、デバイス、設定とPrtScnなどのキーが割り当てられている。
Windows8仕様なんだろう。
IMEの入力でファンクションキーによるショートカットを無意識に使っている自分としてはかなり苛立たしい仕様といっていい。

まぁ、ただでもらったものなので文句を言うのは筋違いだとは思うが、他の8インチWindows8.1タブレットと比較して割高なのだから少しくらい文句は言わせてほしい。
 (^^ゞ

記事的には、不満たっぷり...という感じになってしまったが、総合的に評価すると決して悪くはない。
モバイル用途のキーボードは、携帯性を重視して折り畳み機構が入っていて剛性に難があるものが多い中、WindowsタブレットPCをターゲットにすることでフラットな機構になっており、カチャカチャした感じがなく使いやすさを感じている。


今回はこんな感じ。では~~~~。

dynabook Tab (VT484) 用ケース [PC]

エレコムのdynabook Tab用のケースが届いた。

専用なだけあって本体とケースのはまり具合もイイ。
汎用のケースは四隅をゴムで押さえるため、電源ボタンとの干渉やゴムの引っ張りによる歪みで電源ボタンが固くなって、オンオフ時にボタンが入ったまま出てこないなんてこともない。

半日使って...というかすぐに気付いたのが、立ち持ちなど、安定性に欠ける状態で使うときに便利な手を挟み込む「ベルト」がない。
閉じる時に押さえるゴムひもはあるから、コレで代用しろってこと??

期待していただけに残念な感じ。

他に専用カバー、出ないかなー。
今度は出てから現物見て決める。
こういった小物は、発売前に予約して買うのは止めておいたほうが良いということだね。

(;一_一)

dynabook Tab (VT484) 雑感 (2) [PC]

前記事の補足というか、追加というか...。

新宿西口のビックカメラのスマホアクセサリー売り場のタッチペンのところでエレコムの先端極細のタッチペンが試せたのでdynabook Tabだけでなく手持ちのスマホでも使ってみました。

orz...

はい、全部動きませんでした。


プリンストンの静電気を発生させるタイプのは、iPadのコーナーで1個だけ見つけたので買ってきました。
3980円でした。
先端4mmで、一般的なタッチペンのように中空ではなく、芯があるので操作する時に押し潰す感じではなく、タップでは軽く叩くような感じになります。
ただ時々反応が途切れるのか過剰に反応しているのか、シングルタップがダブルタップになったり、少し間反応しなかったりしたりと若干微妙なことがあります。
タッチするポイントはかなり絞れるのですが、ペンの傾きで中心点がかなりずれるのでペンを意識的に直角にするとかしないと微妙な操作は難しいもしれません。
あと、このタッチペンを使っていて気付いたのですが、タッチしたポイントの検出に若干ズレがあるようです。dynabook Tabの個体差かもしてませんが、垂直にペンを当てていても微妙にズレているように感じます。そこにペンの傾きによるズレもでてくるので、普通に操作していると結構ズレまくりって感じです。

総合的に判断すると普通のタッチペンのほうが使いやすいです。 (^^ゞ

やはり、デジタイザーを内蔵していて、アクティブスタイラスがつかえたら...と思ってしまいます。

ともあれ、タッチペンがらみの試行錯誤はコレでおしまい。

とりあえずの興味は、マウス的なポインティングデバイスです。
机・テーブルに置いて使うのであれば、当面マウスに勝るものはないと思っていますが、せっかくの8インチサイズ、手に持って使いたいものです。
アマゾンとかよく検索するのですが、ないですか?面白そうなポインティングデバイス。

dynabook Tab (VT484) 雑感 [PC]

dynabook Tab VT484 を使い始めて約1週間。
良くも悪くも色々わかってきた感じがします。

これまでに、dynabook Tabで使うために買ったものは、

64GB microSDXC
microB - USB A(メス)変換アダプター
256GB SSD + USB接続2.5インチHDDケース
WiFi SDカードリーダー(USB記憶媒体対応)
7~8インチタブレット用カバー
タッチペン

...こんなところでしょうか。

64GBのmicroSDは、データドライブメディアとして本体のmicroSDスロットに入れっぱなし。
何しろCドライブがリカバリーエリアを含めてトータル64GBなので...。
恐らくDELL・レノボ・Acer等のを含む8インチタブレットユーザーは同様の使い方をするんじゃないかな?...と踏んでます。特に32GBモデルを買われた場合は。

カバーは週末使ってみて、カバンへの出し入れ、立って使うとき...の不安から必要だと思い購入。
ホントは専用品が欲しかったのだけれど、現時点ではないため、汎用品を使うことに...。
それでもバリエーションは除いてエレコムの1択なのには泣ける...。 (ノД`)・゜・。
こいつは、本体の固定が、四方をゴムで引っ掛けることになっているのだが、電源・音量ボタンと干渉してしまいやすいことが最大の欠点。
アマゾンを見たら、12月8日発売予定の専用品が出るみたいなので、出たら購入する予定。

タッチペン。これも週末使ってみて、デスクトップモードアプリではあったほうが使いやすそうだ...と思ったから。
モダンUIアプリでは、指先でのタッチ操作を考慮したUIになっているから有れば有ったで便利かも...レベルだと思うが、デスクトップモード自体が(最低でも)2ボタンのマウスによる操作を前提とした旧来のUIであること、14インチクラス以上のパネルサイズならともかく、8インチサイズではウィンドウのアイコン類が致命的に小さくなり、ブラウザのタブを閉じるアイコンは何度タッチしたことか...。
アイコンサイズを大きくしたら...というのもあるが如何せんバランスが悪くなるのでいじってない。
さて、一般的なタッチペンのペン先は6~7mmで柔らかいシリコンゴム。ある程度圧着させる必要があるので細かい操作に対しては諦めの境地に至る必要がありそう。
そういった意味では、アクティブスタイラスをオプションとは言え用意したDELLのモデルは秀逸だと思う。
プリンストンから先端4mmのiPhone/iPad用に静電気を自己発生させるタイプのタッチペンが出ているので興味をそそられている。
また、エレコムに一部のスマホ向けとして先端2.5mmの極細タイプが出ておりこちらも興味がある。どこか試せるところはないだろうか?
Bluetoothの指先マウスなんてのがあれば使ってみたいかも...。(^^ゞ

microB変換アダプターは、キーボード等のデバイスを繋げるために一応用意してみた。
手持ちのUSBキーボードはUSキーボードとして認識しまったので、ドライバーの入れ直しをしないといけなそうなのこと、キャンペーンでもらえるBluetoothキーボードの応募をしたこともあって、その件は放置状態。
前記事にも書いたが、スマホを繋いだときは、充電用に電力を喰われたせいか接続の繰り返し状態に。セルフパワーのハブ経由では安定して使えていた。
USB接続のHDDケースに入れたSSDやUSBメモリは直に接続しても普通に認識できて読み出しも出来ていた。...けど書き込みは試してないな...そういえば。
取扱説明書には、リカバリー用のUSBメモリを作っておいて、そこからリカバリするときには、セルフパワーのUSBハブを繋いでそこにUSBメモリを接続するように...といった記述があるので普通に外部記憶機器を繋ぐ場合はセルフパワーのハブ経由か補助電源供給出来るようにしたケーブルを使い、そちらから電源供給したほうが安全なのかもしれない。...なので補助電源供給ケーブル付きのホストケーブルはヨドバシでポイントを使って入手済み。

USB対応のWiFi SDリーダーはラトックのを選択。これは、NTFS対応ってことと、公式による128GBのSDカードの動作確認済みってところが選択のポイントになっている。
これは、dynabookTabでは補助的な使用を考えている。本命は、頻繁にSDカードのファイルシステムを壊すメインに使っているスマホ(SH-01E)のmicroSDのバックアップ。現状安定しているサブ機と同様にXperia系にしたらこの手の心配はしなくて済みそうなんだが、車載ナビのG-Bookサーバーへの接続ができるXi端末がこれ(SH-01E)しかないというところでこれはコレでデッドロック...。 orz...

最後に、GPUをヘビー級に使うような使い方はする予定もないので電池駆動で11時間というのは伊達ではないが、「艦これ」で使うことを想定されている方むけのコメントではないことを承知していただきたい。
ちなみにPSO2のキャラクリベンチマークVer2で、簡易設定1、疑似ウィンドウ表示、他はデフォルト、ACアダプターから電源供給状態にして2277でした。バッテリー駆動でどこまで出るかは試してません。

dynabook Tab [PC]

dynabook Tabが来たぁ~!

ってことで、使ってみました。
DSC_0062.jpg
手に持ってみると、Nexus7(2013)に慣れた手にはやはり大きいし重いです。
背面にベルトを持つ保護カバーで持つ手を固定しないと、電車の中とかでは不安がありますね。

デスクトップモードで使っているとデフォルトのアイコンサイズは指先でのタッチ操作には小さく感じます。先の細いタッチペンで操作したいと感じます。
そして文字入力をすることを考えると画面は縦で使いたいところです。

microSDスロットに64GBのmicroSDXCを入れたところセキュリティーで保護されたデバイスとして認識されました。地デジチューナーからダビングした番組をSDに保存して見ることも想定されているのでしょう。

デバイスの接続もいくつかの試してみました。
dynabook TabのUSBポートはmicroBですのでmicroB-USB A(メス)の変換アダプターを繋いでいます。
まずは、大容量メディアとして256GBのSSDをUSB3.0の外付けケースに入れたもの。
これは普通に認識しました。

次いでスマートホン、Xperia AX(SO-01E)。
無事認識しました。ただ電力をスマートホンに取られてしまうためなのか接続が不安定です。
セルフパワーのUSBハブを間に挟むと安定して繋がっています。

記録メディアは基本的に何でもいけそうです。

次いでキーボード、ごく普通の10キーのある日本語フルキーボード。
ここで問題発生です。英語キーボードと認識してしまいました。
キーボードはBluetooth接続にしろ!という天の声なんでしょうか...。
dynabookのサイトのFAQでも漁ってみることにしましょうか...。


とりあえず初日のレビューはここまでにしたいと思います。
では!


8インチWindows8.1タブレット [PC]

今日、東芝の8インチWindows8.1タブレットが発表された。
すでに、AcerDELLは発表を済ませているので、海外で発表され日本への投入が明らかにされているので残すはレノボのみ。

海外発表の分も含めて比較したとき、東芝が一番重かった。今日の発表で駆動時間が11時間ということで重いのには理由があったということ。
値段も高いだろうな...とは思っていたが実売6万円超と、Acer&DELLとは2万円の差があることになる。
...のだが、某カメラ量販店のネットショップでタブレットPCを見てみると、東芝のタブレットありますねぇ~...ということで予約しました。
一応「発売日にお届け」となっていたので早ければ週末には届いているでしょう。

届いたら、ベンチマークも含めレビューしてみたいと思います。

USB DAC購入 [PC]

iBasso D55を購入しました。

とりあえず、PCにつないでみました。

…でも音質が良くなったかどうかはいまいちわかりません。
何故かといえば、(一つには)音質を見極められるソースが手元にないから。(^^ゞ

ま、ありきたりのPCやスマホならばヘッドホン出力は、とりあえず音が出ればいいレベルでまともなアナログ回路設計などされていないから、この手のヘッドホンアンプの出力と音質を聞き比べれば明らかによくなっている事は簡単にわかるんだけど…曲がりなりにもS-Master搭載のVAIO Duo 11だから、ありきたりの音源で違いが分かるようでは「何のための『S-Master』なんだよ!!」ってなっちゃうんだネ。 (^^ゞ


AVアンプ置き換え [PC]

PCとPS3のオーディオ出力先にしていたAVアンプをYAMAHA RX-V475に置き換えた。

元のAVアンプがドルビーデジタルと追加デコーダー用にアナログ5.1ch入力くらいしかサポートしていない初期の5.1chアンプだったから、配線がとってもすっきりした。

映像のHDMIは切替機を通してモニターに。オーディオはPCは5.1chスピーカー出力をAVアンプのアナログ入力に、PS3は光デジタル入力に入れて双方を切り替えて使っていたのが、HDMIの接続だけに集約


PC側のオーディオがサラウンドで出てくるか心配だったが、PCの設定をHDMI経由に切り替えて、チャンネル数を5.1chにして、デフォルトパスに設定したらあっさり鳴ったので一安心。

セッティングしている間ベッドの上でゴロゴロしてたエーネウスがサラウンドテストで音の出るスピーカーが切り替わるたびに挙動ってました。一通りセッティングが終わってサラウンド対応のゲームを始めたら、サラウンドにビビったのかPC脇のラックの下段に逃げ込んでしまった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。