So-net無料ブログ作成

dynabook Tabを買って貰えるキーボードが届いた [PC]

dynabook Tabのキャンペーンでもらえるキーボードが届いていた。

キーボードは、マイクロソフト製の Wedge Mobile Keyboard 。
キーボード本体裏面には電池ボックスを兼ねたスタンドになっている部分があり、電池を入れる反対側にBluetoothのペアリングスイッチがある。
物理的な電源ボタンはない。キーボードカバーを取り付けると電源OFF。外すと電源ONとなっている。
 ...ということで、キーボードカバーはなくしてはいけない!!
 [Fn]+[ESC]の長押しでキーボードの電源ONとOFFができるようにはなっている。

カバーは中央で折れ曲がってスタンドとして使えるようになっている。
折り曲げは単純なヒンジやフラップ的なものではなく、任意の角度で固定することが可能になっている。


キーボードのデザインは表側から見た分には悪くないと思う。
ただ、裏側から見たとき、電池ボックスにもなっているスタンド上の部分が、キーボード全体のシャープな感じや金属感を台無しにしている。
この点は、ホームページを見てもわからない部分なので、できれば実物/モックの展示品を見て残念感を実感してほしい。

キーのストロークやクリック感については、あまりコメントしない。
元々その辺には頓着しない性格なもので、慣れてしまえば気にしないってのが持論。

キーの配置について、一般的なキーについては標準的な大きさを確保しており問題ないと思う。
ただ、上下のカーソルキーがファンクションキーよりも縦が短い/標準キーの半分なため、慣れないとかなり操作しにくい。
あと、NumLockは存在しない。
個人的にはこのサイズのキーボードでNumLockした状態の10キー入力はほとんど使わないのでその辺の良し悪しについては言及しない。


ただしファンクションキーについては声を大にして、文句を言いたいくらい。

一般的にはF1~F12が単独で割り当てられているのだが、このキーボードでは[Fn]キーと同時押しでF1~F12が割り当てられている。
単独では再生/停止、ミュートのON/OFF、ボリュームUP、ボリュームDOWN、右端スワイプで表示されるチャームにある検索、共有、デバイス、設定とPrtScnなどのキーが割り当てられている。
Windows8仕様なんだろう。
IMEの入力でファンクションキーによるショートカットを無意識に使っている自分としてはかなり苛立たしい仕様といっていい。

まぁ、ただでもらったものなので文句を言うのは筋違いだとは思うが、他の8インチWindows8.1タブレットと比較して割高なのだから少しくらい文句は言わせてほしい。
 (^^ゞ

記事的には、不満たっぷり...という感じになってしまったが、総合的に評価すると決して悪くはない。
モバイル用途のキーボードは、携帯性を重視して折り畳み機構が入っていて剛性に難があるものが多い中、WindowsタブレットPCをターゲットにすることでフラットな機構になっており、カチャカチャした感じがなく使いやすさを感じている。


今回はこんな感じ。では~~~~。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

みい

私もこのタブレット買ったのですが カメラが使えません。 
フリーズしたり背面のカメラに切り替わらなかったり・・・。
東芝に連絡しても調査中で取り替えてもくれない。

これって皆さんに起こっている事なんですかね?

カメラも存分に使うつもりだったのでガッカリです。

あとタッチペン 私も欲しいんですがその後いかがですか?

by みい (2014-01-15 16:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。