So-net無料ブログ作成

dynabook Tab (VT484) 雑感 [PC]

dynabook Tab VT484 を使い始めて約1週間。
良くも悪くも色々わかってきた感じがします。

これまでに、dynabook Tabで使うために買ったものは、

64GB microSDXC
microB - USB A(メス)変換アダプター
256GB SSD + USB接続2.5インチHDDケース
WiFi SDカードリーダー(USB記憶媒体対応)
7~8インチタブレット用カバー
タッチペン

...こんなところでしょうか。

64GBのmicroSDは、データドライブメディアとして本体のmicroSDスロットに入れっぱなし。
何しろCドライブがリカバリーエリアを含めてトータル64GBなので...。
恐らくDELL・レノボ・Acer等のを含む8インチタブレットユーザーは同様の使い方をするんじゃないかな?...と踏んでます。特に32GBモデルを買われた場合は。

カバーは週末使ってみて、カバンへの出し入れ、立って使うとき...の不安から必要だと思い購入。
ホントは専用品が欲しかったのだけれど、現時点ではないため、汎用品を使うことに...。
それでもバリエーションは除いてエレコムの1択なのには泣ける...。 (ノД`)・゜・。
こいつは、本体の固定が、四方をゴムで引っ掛けることになっているのだが、電源・音量ボタンと干渉してしまいやすいことが最大の欠点。
アマゾンを見たら、12月8日発売予定の専用品が出るみたいなので、出たら購入する予定。

タッチペン。これも週末使ってみて、デスクトップモードアプリではあったほうが使いやすそうだ...と思ったから。
モダンUIアプリでは、指先でのタッチ操作を考慮したUIになっているから有れば有ったで便利かも...レベルだと思うが、デスクトップモード自体が(最低でも)2ボタンのマウスによる操作を前提とした旧来のUIであること、14インチクラス以上のパネルサイズならともかく、8インチサイズではウィンドウのアイコン類が致命的に小さくなり、ブラウザのタブを閉じるアイコンは何度タッチしたことか...。
アイコンサイズを大きくしたら...というのもあるが如何せんバランスが悪くなるのでいじってない。
さて、一般的なタッチペンのペン先は6~7mmで柔らかいシリコンゴム。ある程度圧着させる必要があるので細かい操作に対しては諦めの境地に至る必要がありそう。
そういった意味では、アクティブスタイラスをオプションとは言え用意したDELLのモデルは秀逸だと思う。
プリンストンから先端4mmのiPhone/iPad用に静電気を自己発生させるタイプのタッチペンが出ているので興味をそそられている。
また、エレコムに一部のスマホ向けとして先端2.5mmの極細タイプが出ておりこちらも興味がある。どこか試せるところはないだろうか?
Bluetoothの指先マウスなんてのがあれば使ってみたいかも...。(^^ゞ

microB変換アダプターは、キーボード等のデバイスを繋げるために一応用意してみた。
手持ちのUSBキーボードはUSキーボードとして認識しまったので、ドライバーの入れ直しをしないといけなそうなのこと、キャンペーンでもらえるBluetoothキーボードの応募をしたこともあって、その件は放置状態。
前記事にも書いたが、スマホを繋いだときは、充電用に電力を喰われたせいか接続の繰り返し状態に。セルフパワーのハブ経由では安定して使えていた。
USB接続のHDDケースに入れたSSDやUSBメモリは直に接続しても普通に認識できて読み出しも出来ていた。...けど書き込みは試してないな...そういえば。
取扱説明書には、リカバリー用のUSBメモリを作っておいて、そこからリカバリするときには、セルフパワーのUSBハブを繋いでそこにUSBメモリを接続するように...といった記述があるので普通に外部記憶機器を繋ぐ場合はセルフパワーのハブ経由か補助電源供給出来るようにしたケーブルを使い、そちらから電源供給したほうが安全なのかもしれない。...なので補助電源供給ケーブル付きのホストケーブルはヨドバシでポイントを使って入手済み。

USB対応のWiFi SDリーダーはラトックのを選択。これは、NTFS対応ってことと、公式による128GBのSDカードの動作確認済みってところが選択のポイントになっている。
これは、dynabookTabでは補助的な使用を考えている。本命は、頻繁にSDカードのファイルシステムを壊すメインに使っているスマホ(SH-01E)のmicroSDのバックアップ。現状安定しているサブ機と同様にXperia系にしたらこの手の心配はしなくて済みそうなんだが、車載ナビのG-Bookサーバーへの接続ができるXi端末がこれ(SH-01E)しかないというところでこれはコレでデッドロック...。 orz...

最後に、GPUをヘビー級に使うような使い方はする予定もないので電池駆動で11時間というのは伊達ではないが、「艦これ」で使うことを想定されている方むけのコメントではないことを承知していただきたい。
ちなみにPSO2のキャラクリベンチマークVer2で、簡易設定1、疑似ウィンドウ表示、他はデフォルト、ACアダプターから電源供給状態にして2277でした。バッテリー駆動でどこまで出るかは試してません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。